ドッグフードで健康に!グレインフリーの効果とは?

グレインフリーってよく聞くけど?

ドッグフードのことを少しでも真剣に考えたり調べたりしたことのあるひとにとっては、
グレインフリーという言葉はもう、おなじみの言葉だと思います。

 

グレインフリーとは、穀物不使用という意味なのですが、
プレミアムドッグフードなどで採用されることが多いです。
犬
もともと、祖先が肉食のオオカミである犬は穀物を食べる習慣がありません。

 

なので、穀物を消化することが得意ではありません、ワンちゃんによっては、
アレルギーを起こしたり、便の調子が悪くなったりする子もいます。

 

そこで、ワンちゃんにとって本来必要としない穀物を使用しないことで、
アレルギーなどのリスクを回避出来るのがグレインフリーです。

グレインフリードッグフードの効果とは?

グレインフリーで作られたドッグフードにはいったいどんな効果があるのでしょうか?

 

ワンちゃんはもともと、穀物を消化する酵素をあまり多く持っていません。
その為に、まったく消化できないわけでは無いですが、
あまり多くとりすぎると、お腹がゆるくなったり、消化不良をおこす原因に
なったりしてしまいます。
そこで、グレインフリーのフードを与えてあげることによって、
胃腸の調子をととのえる効果が期待できます。

 

また、穀物を多く含んだフードを与えてしまうと、しっかりと消化吸収されにくいため、
十分な栄養を摂取することが困難になる場合もあります。
穀物には炭水化物が多く含まれているので、糖分の影響もあり、
 痩せたりということではありません。
反面グレインフリーのフードだと、タンパク質が多くワンちゃんにとっては消化吸収されやすく体の負担も少なそうですね。
ドッグフード
さらなる効果として期待できるのは、アレルギー対策です。
これは、穀物だけに限らず、牛肉や鶏肉、鶏卵、トウモロコシなどいろいろな原因がありますが、中でも小麦やトウモロコシ等によるアレルギーは比較的多く見られます。

 

アレルギーの症状として、・抜け毛が増える ・肉球周辺を舐めたり噛んだりし続ける 
毛の少ない部分が赤くなっている ・体をよくかく等がみられることがあります。

 

そういったことも、グレインフリーのフードを与えてみる事によって改善や予防につながりますね。
ダイエット
あとは、うちで飼っているワンちゃんの場合ですが、以前は市販のフードが信用できず、
手作りフードを与えていたのですが、今はグレインフリーのフードを与えています。
やはり、手作りのフードの場合、なるべくいろいろな種類の素材を使って栄養豊富な
フードにしようと心がけて作るものの、栄養がかたよったり、たりていなかったりが
有ったのではないかと思います。

 

その反面、きっちりと作られた信用できるフードを与える場合、ワンちゃんに必要とされる
栄養成分も、どういった原材料なのかも、一目瞭然です。
そういったフードを使い続けることによって、ワンちゃんの食欲の管理や体重の管理が
しやすくなり、安心して日々を過ごせるようになりました。

管理人が現在、愛犬に与えているおすすめの グレインフリードッグフードとは?

 

わが家のワンちゃんが今現在食べているフードは、モグワンという、ドッグフードです。
このモグワンフードは、カナガンドッグフードやナチュラルドッグフードと言う、
有名なフードの輸入販売を手がけているレティシアンという会社が今まで培ってきた、
経験や知識をもとにペット先進国と言われるイギリスの工場で製造し、
日本で販売されているフードです。

ドッグフード

 

以前はカナガンドッグフードをお気に入りで食べさせていたのですが、
レティシアンが輸入販売ではなく、製造まで手がけているという事で
どうしても気になってしまい、とりあえずお試しで一袋購入し、与えてみたところ、
ワンちゃんの食いつきもよく原材料やコンセプトも非常によかったので、
今はモグワンを与えています。

詳しくはこちら